グルメ

キングオブパスタ優勝 高崎パスタ バンビーナ 

ちゃお

高崎パスタを食べに行こうと誘われバンビーノに訪問しました。

鎌倉パスタは知っているものの高崎パスタは初耳。

興味があり知人に連れて行ってもらいました。

ところで、高崎パスタってなに?

高崎市で流行ているパスタがあるらしい。

名古屋で言うとこのあんかけパスタ的な?

とりあえす、どんなもんかと調査しました。

まず、ググってみる。

 

高崎パスタとは?

ボリュームがあるのが特徴。

高崎市で作られたパスタであればなんでも高崎パスタである。

んんん?

要するに単なる大盛りパスタ???

高崎はもともと小麦の生産地である。

その小麦を使用してご当地としてパスタにしているのかな?

ちなみに、高崎市の小麦生産高は日本トップクラス。

B級グルメ的なもので町興しをしようと試みているのかなぁ。

地元住民では高崎パスタはシャクナゲ、バンビーナ、シャンゴの3つの店が有名店との事。

この中で選択したのはバンビーナである。

と言うわけで高崎パスタで有名なバンビにお邪魔しました。

駐車場があまりなく、ランチタイム時は混みそうな雰囲気。

バンビーナの前の駐車場は3台泊まれるほど。

ワンボックスカーだと駐車するのが難しいと思います。

イオタケは14時頃と遅めに到着したので我々はそんなに苦も無くあっさり入れた。

なので、車の方はランチタイムの遅めをお勧めします。

バンビーナ

場所は徒歩ではいけないので、バスかタクシーになるかと。

最寄り駅は高崎駅なんですけど。。。徒歩で行くには遠すぎる。

なんとこのバンビーナは2017年にキングオブパスタで準優勝を獲得しているのです。パチパチパチ

獲得したパスタは「ボンゴレモン」!!!

ん、なんかブラッククローバーのアニメに出てくるアネゴレオンに響きが似ている。

あさりとレモンは好きなので迷うことなくこれを選びそう。

バンビーナ前にはおすすめランチメニューが手書きで記載されており、小鹿の絵も上手でした。

他にも魅力的なメニューがありどれも目移りしちゃいます。

こういう時って大食い出来る人は羨ましいですよね。

店内は民宿っていうか雑貨屋さんっていうか、そんなイメージが湧いた。

7か月の子供がいるので和室畳部屋に案内。

このバンビーナは子供がいる人にとっては入りやすいです。

高崎経済大学が近くにあるため宴会が出来るような仕組みになっています。

注意点としては、この和室の奥側の列は少し窮屈です。

子どもを抱き抱えてこの和室に入り座布団の上で寝転がせることが出来ます。

しかし、我が息子りゅうは机下でハイハイをしちゃいます。

奇跡的に頭をぶつけませんでしたが要注意です。

 

イオタケは最初から決めていた通り「ボンゴレモン」、麺は生麺、量は大盛り。

パスタを選択するときは乾麺と生麺を選択できます。

生麺は+100円

大盛りは+100円 ※ただし、学生証を持っていれば学生は無料となります。

セットメニューなのでサラダ、ジャガイモの冷製スープ(ビシソワーズ)

 

注文してから15分でパスタが来ました。

あさり特有の匂いとレモンのすっぱい香りが鼻孔を刺激します。

これが高崎パスタなのか!!!?

パスタの汁と通常よりは多めのパスタの量。

イオタケはそもそも大盛りなので多いのだが、大体3人前ってとこかな。

嫁たちのパスタ(ペペロンチーノ)は2013年にキングオブパスタで優勝したパスタを食べていた。

もっちり派であれば生麺パスタをツルっとアルデンテであれば乾麺を。

確かに普通のパスタ店で食べるよりは1.5倍の量かな。

 

それでは、いざ実食!!!!

まず一口パクッ。

うん、美味し。

貝とパセリ、アスパラガス、そしてその上にレモン。

まずは、貝のエキス凝縮したスープが塩っけとレモンの爽やかな味が共に口に広がる。

次に、アスパラガスの野菜の甘みと生麺パスタの小麦のもっちりした感触。

2口目はスープのみ頂く。

とても味に深みがあってこの値段でこのボリュームは都内では中々見つからないでしょう。

味変しようと思えば調味料としてブラックペッパーと塩、タバスコが置いてありました。

今回は味変なしで一心不乱で食べていて、完食した時には、えっ、もうないの?っていうよくあるある。

 

パスタが注目されていますが、ピザも美味しいんです。

頼んだのはマルゲリータピザ!!

何が、美味いかって?

生地がうまい!そして、モッツァレラチーズもうまい。

モッツァレラチーズは好きなんで市販だろうが何だろうが美味いのは分かるが。

この生地は舌触りが良くて生地に甘みがあるんですよ。

高崎に寄られる人は高崎パスタをご賞味してみてください。

☆イタリア料理が好きな人のおすすめ店

エリオ・ロカンダ・イタリアーナ (Elio Locanda Italiana) イタリア政府公認 虎ノ門・麹町・赤坂見附 チーズとジェラートが格別

ラ・ビスボッチャ (LA BISBOCCIA) イタリア政府公認 広尾 恵比寿

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-グルメ
-, ,

Copyright© Viva Life Times , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.