雑記

フィジー 英語留学 授業

フィジーで英語の語学学校で有名なSouth Pacific Free Birdで4カ月間留学していました。

フリーバードによる授業風景をご紹介します。
まず、フィジー到着後の翌日に学校に行きます。

TOEICみたいなリスニングとライティングのテストします。
50分ぐらい。
学校のホールでテストします。

んで、20分ぐらいたったら順次呼ばれてレベルわけされているクラスに入ります。

ちなみに、イオタケはレベル4んご。
英語だけで授業する環境がなかったから最初はやっていけるのかと思いますが、基本的に慣れれば簡単。

どんな授業か?

午前の授業

基本的にはライティング重視。
みんなの前での発表はもちろんある。

しかし、そんなに難しくないので気楽にやる感じで発表。

例えば、イディオムを学んだことを発表したり。”When pigs fly”="Impossible"

こういった使用語句をストーリーを作成し発表。

グループワークは最大3人ほどでおこなった。

ただ、レベル別によって違うかもしれない。

レベル5はほぼ完全にリーディング重視。

先生はインド人美女だった。

イスラムではなくキリスト教という不思議な感じ。

本格的に留学する前にたくさんの参考書や問題集を購入していました。

気になる本ってつい購入しちゃいますよね。

勉強していて感じたことは英文法と英単語そしてTOEIC用の公式問題集があればOKです。

あとは30回以上反復練習すれば大丈夫です。

英単語の場合は全て暗記してください。

下の本3種はおすすめです。

 


Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

 


TOEIC(R)L&R TEST英単語スピードマスター


公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

 

午後の授業

 

プレゼン授業になります。

苦痛な人はほんともうあれです。。。
個人もあれば2人の時もあるし、3人の時もある。

難易度はものすごく上がる。

イオタケの場合は日本語でも怪しいのに。。。。

この時ほど、日本語を完璧にマスターしとけばよかったと後悔。

”第二言語を勉強する前に母国語をきれいにマスターしろ!!!”

そうすれば、たとえ最初に英語が出来なくても、あとあと、めっちゃきれいな英語が話せる!!

それはなぜか??

基本的に英語は第二言語同士で話すことが多い。

一言で終われる単語もあるけど、相手側のレベルによっては伝わらない。

その場合、難しくない英単語でやや遠回しで話すことが必要になってくる。

英語を勉強しに行っている目的はただ単に自分だけが分かれば良いというだけじゃない。

その相手のレベルに合わせた英語の語学力が必要です。

相手が分かる文法や時制の使い方、英単語ではっきりとクリアに伝えなければならない。

あえて言うなら、いっぱい英会話を話して感覚を掴みたいならそのレベルと話して下さい。

自信をつけた後でレベルの高い人に挑むのもありです。

最上級クラスになると一般英語ではなく、ビジネス英語になります。

しかし、どちらかというと難易度はビジネスよりも一般英語のほうが断トツ難しいです。

まとめ

うちのクラスは仲が良いクラスだったので、みんな能天気に授業受けてました。
つまり、大人しい人や部をわきまえた大人が多かった。

特に、大学生とか他のクラスには多いんだけど図に乗ってる人が多い。
まぁ、開放感がこのフィジーでかわいいギャルみたいな女子が多いから仕方ないよね。

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-雑記
-, , ,

Copyright© Viva Life Times , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.