育児

2人目出産前に男が手伝えることってなに?

19ヶ月の息子がいます。

成長と共に活発化していて嫁の体力が心配。

色々と考えれば不安もたくさん出て来ます。

無事な2人目を生んで欲しいので、出来る事は何か自分なりに考えて行動しています。

出産前に行動できる事はまず何か考える。

産後について段取りを決める。

一番不安な事はやはり産後の計画です。

出産してからの計画がなければ、出産後どう行動するか見通しがつきません。

また、計画なしで出産するとスムーズに行動ができない事はおろか、周りのみんなにも迷惑をかけます。

すでに計画していることと問題点

出産後、 1ヶ月間は嫁の実家に息子と一緒に過ごす計画

対策; 食事用の子供用チェアの購入

   現段階では、普通の椅子しかないので産後の嫁では息子の食事をさせるのに労力がいるため購入しました。

    ベビーベッドのレンタル

    第二子のためにレンタルしました。レンタルベッドの活用は1ヶ月間しか居ないため大変有効です。また布団もレンタルした方がいいです。

また、嫁の実家はマンション暮なので狭いからずっとはベッドを置くことも出来ません。

子供をずっと預けない

嫁のお母さんは腰痛持ちです。

そのため、1ヶ月間も息子がずっといるわけにはいきません。

金曜日の夜に息子を迎えに行って、金曜日の夜から日曜日の夕方まで面倒みて嫁の実家に引き渡す予定です。

その間、一時保育は行かない予定ですので、予め保育園に連絡しなければいけません。

本当はずっと息子を見ておきたいのですが、わたしの会社は育児休業は難しいので仕方ありませんね。

育児休業しても給料が。。。ってとこです。

関連施設や関連書類提出の把握

小児科や図書館、区役所、保育園、病院については私の母とも共有しておきます。

なにがあるか分かりませんから必須です。

絶対に両親に知らせておいた方がいいです。

そのために、紙の地図で必要な施設を記したものを用意してください。

関連書類は主に育児金や会社に提出する物を把握しておきましょう。

育児金いついては病院から指示があるのでそれに従えばokです。

息子の面倒の見方

息子は出来るだけ早く寝かせるようにしましょう。

21時から22時には就寝させています。

それだけでも、嫁の負担は軽くなるそうです。

私の場合は21時消灯で寝かせつけていますが、寝ない場合は嫁の力を借りて息子の背中をさすってあげて寝かせています。

休日は息子と2人で朝一の散歩に1時間くらい出かけています。

1人の時間を作ってあげることも必要。

リラックスする事はとても重要な事ですからね。

嫁に代わってなにが出来るか

男は子供が産めないので正直、女性の身体的辛さは分かり得ないところがあります。

気をつける事は、分からないからと言うセリフは、避けて嫁に代わってできる家事はやります。

また、女性の脳は共感して欲しいと言うのがほとんどなので、出来るだけ共感してたくさん話をさせてあげましょう。

話す分だけストレスを緩和できるでしょう。

4 まとめ

出産はまだ2ヶ月先なのに不安がいっぱいです。

第一子とは違った忙しそうな雰囲気に正直やっていけるのかというプレッシャーがあります。

12月初旬も会社で昇給的な話もあるし、会社のストレスも家庭のストレスもダブルでこっちの方が気を使って欲しいわってなるぐらいです。

ですが、無事に子供が生まれて欲しいので我慢するとこでもあります。

これは試練であり、勉強、これを乗り越えたら心のゆとりがより一層大きくなればと思い込むしかありません。

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-育児
-, ,

Copyright© Viva Life Times , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.